なんでもまとめタイムヘッドライン

動画ダウンロードソフトMPX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

このエントリーをはてなブックマークに追加

【話題】プリキュア女子vs.セーラームーン女子

1:2014/02/25(火) 09:00:33.90 ID:
■ 「男が弱くなった」と嘆いているのは上の世代だけ? 

 草食系男子、ゆとり世代、さとり世代……。マイペースでのほほんとしていて、
ガツガツとしたエネルギッシュさに欠ける若い男性に対して、「けしからん」「頼りない」と批判する声は少なくありません。

 ところが、そのように男子が優しく(頼りなく)なったことを嘆き、苦々しく
思っているのは実は上の世代だけで、同世代の若い女性たちは、比較的
クールに受け止めている様子。その世代間ギャップも、女と男を読み解くうえで重要な視点となります。

私は、東京・恵比寿にて女性のための人生相談ルーム「恋と仕事のキャリアカフェ」を主宰し、
日々、アラサー・アラフォー女性の悩みに耳を傾けています。 数年前、若い男性の
価値観、彼らに対してどのようにコミュニケーションをとるのが有効かについてセミナーを
行ったところ、会場を訪れた30代・40代の女性たちから、「職場の若い男の子と
どう接したらいいかわからなかったので、とても参考になった」と、好評をいただくことができました。

 ところが、会終了後の打ち上げの席で、ひとりだけ世代の違う運営スタッフ女性(当時24歳)が、
 「上の世代のみなさんが、最近の男子たちにそんなにがっかりして戸惑っているなんて、今日初めて知りました」
 と語り出したのです。
 「私たちは男の子に、肉食っぽいタフさとか、ぐいぐいと引っ張ってくれる
リーダーシップなんて、最初から期待していません。私たちが、求めるのはただ一点、『癒やし』のみです」
 と、きっぱりと話す口ぶりは自然体そのもの。強がったり、皮肉を言ったりしている
のではないことが伝わってきました。「最近の男の子は頼りない……」とプリプリした感情を
多かれ少なかれ抱えていた参加者女性たちは、それを聞いて一様に、「えーっ! 」と驚いていました。

 この「男性に男らしさを求める・求めない」というギャップは、日本のジェンダー教育が
大きく影響しているものと思われます。たとえば、中学校で家庭科の男女共修が始まったのが
1993年(高校は1994年)。今の20代女性たちは、小さい頃から男女平等を旨とする教育を受けて育ってきています。

■ 男性の手を借りずに敵をぶっ倒すヒロイン

 日曜朝に放送されているアニメ「プリキュア」シリーズ。幼稚園・小学生の女の子向け
アニメとして、2004年の放送開始以来、大ヒットを続けています。女の子向けアニメといえば、
「セーラームーン」(1992~1997年)を思い出す人も多いかもしれません。確かに、
主人公が変身して敵をやっつけるというストーリーは同じですが、実はこの2作品には
大きな違いがあります。 「セーラームーン」には、少女たちがピンチになると、さっそうと
現れて助けてくれる「タキシード仮面」という存在がいましたが、「プリキュア」には(基本的に)いません。
男性に頼らず女の子たちだけで暴れ回り、素手(キックやパンチ)で敵をぶっ倒します
(代わりに小動物のようなマスコットキャラクターが彼女たちをサポート)。

 幼い頃に接するポップカルチャーの影響は、とても大きいものがあります。「セーラームーン」を見て
育った世代と「プリキュア」を見て育った世代とでは、男性に期待するものが大きく違ってくるのは当然でしょう。

■ さとり世代は「男」についてもあきらめている

 経済不況を背景に、家庭における父親の権威も大きく低下しました。
「男=しっかりした存在」という幻想から自由に育った彼女たちにとって、男性とは
いつも対等に横にいるもので、取り立ててリードしてほしい存在ではないわけです。

 これは言い換えれば、「何ごとにも多くを求めない」今の若い世代が、
「古き良き日本≒男らしい強さ」なんてものにも、当然、期待を寄せていない
(期待しているのは、今の40代以上だけ)ということでもあります。

 そんな「イマドキの女の子・男の子」が古い体質のカイシャに入ったとき、そこではいったい
どのような衝突が起きるでしょうか?  「おじさん」と「おばさん」たちが厳しく彼らを矯正するのか、
はたまた、カイシャのほうが変革を余儀なくされるのか? 

 世代間ギャップも手伝って、複雑さを極めていく職場の男女関係。「この人は女だから」「この人は男だから」と、
一枚岩で考えたほうがシンプルで楽チンでしょう。それでも、自分が理解しにくいものを拒絶するのではなく、
多様性に慣れていく姿勢こそが、今後、どの職場でも重要になっていくのは、間違いないところでしょう。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140225-00030972-toyo-soci

5:2014/02/25(火) 09:25:40.24 ID:
>>1
プリキュアには
キリヤくん
西さん南さん
コッペさん
メフィストさん
音吉さん
ポップさん
岡田さん
という妖精を含む男子系のお助けキャラがいることを忘れずに
3:2014/02/25(火) 09:09:18.85 ID:
前回のハピネスチャーゾの戦闘が鮮烈だった。
良い意味でw
4:2014/02/25(火) 09:11:20.50 ID:
草食系だろうがゆとりだろうが単純に「最近の若い人は…」というセリフが古臭くてみっともなくなってきた頃へ
ちょうどそういう言葉が出来たので年寄りが飛びついてるだけだしな
年齢しかアイデンティティのない老人が若い世代をバカにしてる(つもり)なのは今も昔も変わらない

それから若い男がアラサーやアラフォーをぐいぐい引っ張らないのは頼りないのじゃなくて
お前ら(の主に年齢に起因する様々なもの)に魅力がないだけ
7:2014/02/25(火) 10:02:04.64 ID:
実際キックやパンチでとどめさしたら面白いんだけどなぁ
動かなくなるまで
結局スぺシウム光線だからなぁ
9:2014/02/25(火) 10:37:21.90 ID:
>さっそうと現れて助けてくれる「タキシード仮面」

「運転手は私だ!」「ぶ~らぶら~!」「おまたせ!」
迷言と共に現れるギャグ要員だろ(アニメ版)
16:2014/02/25(火) 12:53:07.04 ID:
今回のプリキュアは美木杉先生が便利アイテムくれる!
17:2014/02/25(火) 13:00:36.28 ID:
プリキュアスタッフは基本、セーラームーンの事は知らないからなw
20:2014/02/25(火) 13:29:07.69 ID:
タキシード仮面様はどうかしらんけど、ミスティナイト様はすげー役に立ってる
35:2014/02/25(火) 22:08:52.57 ID:
おジャ魔女世代の立場は…
37:2014/02/26(水) 05:25:59.57 ID:
ナージャ女子こそがたんぽぽちゃん!
39:2014/02/26(水) 11:32:23.93 ID:
平成のつぎの年号になれば 男の娘達を守ってくれるハンサムなゴリラ女子軍団だらけになるよ
スポンサーサイト

2014/03/13 08:20 | アニメ・漫画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。